ベンザリンは海外に持ち出せる? 日本への持ち込みは?

ベンザリンは海外では買えないの? 持ち帰りはできる?

ベンザリンは日本の企業が作った薬ですが、海外でも発売されています。しかし、ベンザリンは第三種向精神薬の指定を受けている為、持ち出しや持込みの時にややめんどくさい手続きが必要です。

 

一般人が個人使用するためには国内に持ち込むのは「個人輸入」の手続きが必要となってくるために、地方厚生局に書類を提出しなければなりません。医師の処方箋が必要になる場合もあるので、色々面倒なことがあります。

 

少量であれば、荷物に忍ばせてしまえば見つからない可能性は十分にありますが、もしも空港でのチェックに引っかかってしまった場合には面倒なことになりますので黙って持ち込むのやめておきましょう。

 

ですから、あまり海外から持ち込むという行為はおすすめできません。素直に国内で処方してもらいましょう。

 

日本から海外に持ち込む場合?

 

海外旅行へ行く際には、いつも使っている薬を持っていきたいという場合があると思います。その場合にはどうなるのかというとその国次第ということになります。

 

ベンザリンの持ち込みが禁止されている国に行ったとします。その場合には、見つかると厄介なことになるでしょう。ただ、他の国だと預け入れずに機内荷物に入れておけば特に問題ないケースもあるようです。

 

基本的には、海外への持ち出しをする際に英語で書かれた医師の処方箋が必要となる場合がありますので事前に準備しておく必要があるでしょう。

 

もしも持ち込む場合にも、持ち込む量は最小限にしておきましょう。あまりたくさんの量を持っているとトラブルに巻き込まれる場合も考えられます。持ち込み先の国ではどういった扱いに有っているかは必ず事前調査が必要です。