ベンザリンとお酒は併用してはいけない

ベンザリンとお酒の同時摂取は危険!


ベンザリンとお酒の同時服用は危険です。したがってあまりおすすめはできません。
   
アルコールと睡眠薬、向精神薬は 原則として同時服用は避けたほうがいいと言われています。しかし、ベンザリンは副作用も比較的少ない睡眠薬です。添付文章でも「併用に注意すること」とあり、併用禁忌とまではされていません。
ベンザリンも、アルコールも脳の中枢神経に影響を及ぼすので、同時服用したために両方の影響が出すぎてしまい、翌日になっても眠くて仕方がない、とか、ふらふらしたりで事故につながる危険もあるので、ベンザリン服用中はお酒は控えたほうがいいと思います。

 

似ている効果と副作用

みなさんどうしてお酒を飲むのでしょうか?いい気分になってみんなでワイワイ楽しい時間をすごしたい、いやなこともお酒を飲んでパーッと忘れて、明日また頑張って行こう!といった感じで飲む方、多そうですね。逆にひとりでじっくりお酒の味を楽しみたい、という方もいるでしょう。
しかし、お酒は酔っていい気分になるだけでなく、 次にあげるような様々な作用もあるのです。

 

1眠くなる
2倦怠感が出て、ふらつき、転倒につながることもある
3依存性が高く、やめられなくなる

 

特に、3の依存性が問題で、一度アルコール依存症になった人のほとんどは、二度と普通の状態には戻れないという説もあるのです。
アルコールの副作用をよく見てください。実は、ベンザリンの効果、副作用はアルコールととても似ているのです。睡眠薬ですから、眠気、倦怠感、翌朝起きたときのだるさとふらつきによって、転倒の危険もあります。そしてそれほど強くはないですが、依存性・耐性形成の副作用もあります。

 

ですから、ベンザリンとアルコールを同時服用すると、薬が効きすぎてしまったり、副作用が起こる危険性も高まり、依存性・耐性形成も急速に進むことになったりするのです。
お酒を飲みすぎて、ふらふらと歩いたり、転んだり、といういわゆる酩酊状態になっている人を見たことがあるでしょう。ベンザリンとアルコールの同時服用は、わずかなアルコールの量でもそういう状態になってしまう危険が潜んでいるのです。
そしてより重大な危険をはらんでいるのは依存性のほうです。

 

睡眠薬依存になる危険性

ベンザリンとアルコールは同時服用により互いの血中濃度を濃くする可能性があります。実際より多くの量を摂取したのと同じ状態にしてしまうため、急速に耐性・依存性が形成されていきます。薬が身体に慣れて効かなくなり、処方された量の薬では眠れなくなってしまうかもしれません。
当然、ベンザリンの過剰摂取につながり、ますます依存性が高まり、やめたくても離脱症状に苦しみ、なかなかやめられなくなるのです。
翌朝も眠気、だるさに襲われ、寝坊・遅刻してしまったり、仕事に集中できなかったりします。それだけでなく、健忘やせん妄などの副作用が起きたり、血中濃度が不安定になるため自分は覚えていないような異常行動をする可能性が高くなり、日常生活に支障がでてきます。

 

アルコール依存になる危険性

こちらはもっと危険な状態といえます。
寝酒、ナイト・キャップという言葉もあるほどですから、睡眠導入の助けのためにアルコールを飲んでいる人も多いのでしょう。しかしアルコールも耐性がつきますから、眠るための酒量はだんだん増えていきます。
もはやお酒だけでは眠れないと感じ、ベンザリンを一緒に飲んでみようか、という考えは非常に危険です。先ほども言いましたが、ベンザリンとアルコールの同時服用は互いの血中濃度が濃くなり、耐性・依存性が形成され、アルコールの依存性を急速に高める危険性があるのです。
いったん依存症になると今度は少量の酒でもすぐ酔うようになり、酒量をコントロールできなくなり、会社でも、仕事中でも飲酒するなどの問題行動を起こし、お酒をやめようと思ってもどうしてもやめられないという最悪の結果になるかもしれないのです。

 

それでもお酒を飲まなければいけない時

ここまで説明してきたように、ベンザリンとアルコールの同時服用はなるべく避けたほうがいい、ということは理解できたとします。 それでもお酒を飲まなければいけない状況になった場合、どう対処していけばいいのでしょうか。
まず、ベンザリンとお酒を摂取する時間帯を48時間以上ずらすこと。またはお酒を飲んでから10時間以上あけてからベンザリンを服用すること。互いの成分の分解を待って、より相互作用を受けないようにすれば、リスクも少しはへらせるのではないでしょうか。ベンザリン、アルコール両方分解している肝臓の負担も軽くなります。
この方法が難しいのであれば、お医者様と相談した上で、飲酒した日はベンザリンを服用しないで頑張って眠ってみるという手もあります。翌日の体調に影響もないですし、もしかしたらすんなり眠れるかもしれません。本来ならベンザリンを服用中はお酒は控えるようにしたいものですが、そうもいかない場合は、状況に応じてベンザリンとアルコール両方とうまく付き合っていけるようにしたいものです。