ベンザリンは妊娠中や授乳中に飲んでも大丈夫?

ベンザリンが妊娠中や授乳中の赤ちゃんへ与える影響は?

現在妊娠されている女性でも、妊娠に気付くまでベンザリンを飲んでいたり、これからベンザリンを飲んでもいいのかしら、と考えている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

そのような方のために、ベンザリンが妊娠中・授乳中の赤ちゃんに与える影響について説明します。

 

ベンザリン服用と妊娠

妊娠中は、いつもより食事や飲み物などにも気を遣っているのに、薬、しかも精神神経用剤の服用に関しては不安に思うのもあたりまえです。まず確認するべきなのは、ベンザリンに添付されている、薬の説明書である「添付文書」です。
ベンザリンの添付文書には

 

3ヶ月以内の妊婦または妊娠している可能性のある女性には、治療上の有益性が危険性を上回る場合にのみ投与する。
とあります。

 

つまり極力使うべきではないが、この薬でなければ治療できないような場合には投与が認められる、ということになります。

 

妊娠中の女性が薬物を使用すると、胎児に奇形が起こる危険性(催奇形性)をもたらす可能性があると言われています。産後の授乳中の服用についても母乳を通して薬の成分が新生児に移行する可能性があります。取り扱いは妊婦と基本的に同じだと思ってください。薬物が胎児に与える影響については、アメリカ食品医薬品局(FDA)という機関が出している基準がひとつの目安となっています。

 

薬剤胎児危険度分類基準(アメリカ食品医薬品局(FDA)の評価)

A

CONTROLLED STUDIES SHOW NO RISK(ヒト対照試験で、危険性がみいだされない)

 

解説:しっかりと試験を行ったうえで、危険であるという証拠が出なかったもの。

B

NO EVIDENCE OF RISK IN HUMANS(人手の危険性の証拠はない)

 

解説:動物実験では危険性を示す証拠がないが、人の実験はしていないもの。

RISK CANNOT BE RULED OUT(危険性を否定することができない)

 

解説:動物実験では危険性を示す証拠があるが、人での実験ではしていないもの。

D

POSITIVE EVIDENCE OF RISK(危険性を示す確かな証拠がある)

 

解説:動物実験でも、人での実験でも、危険性が確認されているもの。

x

CONTRAINDECATED IN PREGNANCY(妊娠中は禁忌)

 

解説:胎児への危険性の決定的な証拠があり、服用が禁忌であるもの。

 

ベンザリンをはじめとする多くのベンゾアベジン系医薬品は、危険性を示す確かな証拠がある「D」に分類されています。動物実験でも、人での実験でも危険性が確認されているものです。
ベンザリンではないけれど、類似の睡眠薬の服用では、口唇・口蓋裂などの異常や、傾眠、低体温などの症状がみられたため、同じ分類に属するベンザリンも同じようになんらかの影響を与える可能性は否定できないのです。

 

実は、ベンザリンの胎児への影響については、専門家の意見も分かれており、必ずしもあるとはいえないが、無いともいえない、というあいまいな状態のようです。
だからといって、過剰に反応して、ベンザリンの服用を急に減らしたり、やめたりすると、離脱症状が起こります。気分がわるくなったり、イライラしたり、と様々な症状があらわれます。妊娠中の身体にはかえって悪影響があるかもしれません。

 

ベンザリンを服用しながらの妊娠や授乳というのは基本的には避けたいものです。しかし服用をやめたことによって精神的により悪い状況になっては本末転倒です。 可能であれば、胎児への危険性の低い別の種類の薬に変更してみる、という手もあります。しかし、他の薬へ変更もできず、どうしてもベンザリンをやめることができないときは、お医者様と相談の上、最善の方法を考えていくことが望ましいでしょう。

 

ベンザリン服用と授乳

授乳中にベンザリンを服用していると、母乳の中にベンザリンの成分が混ざり、それを赤ちゃんが飲むと睡眠への悪影響、体重減少などを起こすことが報告されています。

 

ベンザリンを母乳から摂取して、その影響で長時間眠ってしまい、なかなか起きなかったり、という悪影響は、赤ちゃんの成長という点でも望ましいものではありません。しかし、母乳にベンザリンの影響が出るということは、逆に考えれば赤ちゃんが母乳を飲まなければその影響は受けない、となります。

 

完全ミルク育児にすれば、ベンザリンの影響は受けませんし、そういう選択肢があるということは精神的にも穏やかな気持ちで子育てができるのではないでしょうか。