ベンザリンを飲んでいるときにはカフェインは摂っていいの? タバコは?

ベンザリンとコーヒーの相性は?


ご存知の方も多いと思いますが、コーヒーはカフェインが入っています。カフェインは興奮作用、覚醒作用、利尿作用などがあります。覚醒作用があるということは、睡眠薬であるベンザリンの効力を弱める可能性があり、相性はよくないと言えるでしょう。

 

コーヒーを飲んでいるとベンザリンが効きにくくなります。そのため薬の量を増やしてしまいます。すると、ベンザリンの依存性が高まり、断薬時の離脱症状はじめ、ベンザリン大量摂取の悪影響を受けるという危険性が高まります。

 

>>ベンザリン副作用【断薬をするために必要なコト】

 

「ベンザリンは比較的安心な薬だから、効き目が弱いのだろうか・・・」などと心配しながら、その実、昔からの習慣で寝る前にコーヒーを飲んでいた、とか、ほぼ毎日のようにコーヒーを飲んでいた、という方は多いのではないでしょうか。あまりにも身近な飲み物なので、カフェインの作用や効果をついつい忘れているのかもしれないですね。

 

ベンザリンの量を増やす前に、コーヒー愛飲家の方は、ベンザリン服用中はコーヒーを控えたほうがいいでしょう。無理に我慢してかえってイライラする、とか落ち着かないという時は次の点に注意してください。

 

 

コーヒーを飲むなら午前中

カフェインの覚醒作用は個人差はありますが7~15時間持続すると言われ、ほぼ半日はその効果があると思われます。

 

今日は23時に寝よう、と決めたとします。逆算して半日、つまり12時間前の11時まではコーヒーを飲んでもいいとしましょう。この場合は残念ながらランチのコーヒーは我慢しなければなりませんね。

 

夜に飲むなら寝る直前に

でもやっぱり午後にもコーヒーが飲みたい!という方もいるでしょう。カフェインの効果は30分後から効き始めます。これに対してベンザリンは15分~1時間くらいで効き始めます。ということは、コーヒーを飲んで、ほぼ同時期にベンザリンを飲むと、うまくいけば眠気が先に来ます。すぐに寝ればカフェインの影響を受けずに眠れるというわけです。

 

しかしこれは綱わたりのようでちょっとあお勧めできません。なぜなら、タイミング悪く寝るのが遅れてしまい、カフェインが効き始めてしまい眠れなくなった!という結果になる可能性も大いにあるからです。準備万端整った上での方法だと思います。

 

身近な飲料にも入っているカフェイン

カフェイン=コーヒー、という図式が成立している方は多いと思います。「カフェ」なんて響きからもそう考えがちです。しかしコーヒー以外の身近な飲料にもカフェインは入っているのです。

 

  1. 緑茶
  2. コーラ
  3. 烏龍茶
  4. 紅茶

 

紅茶などは聞いたことがある方もいるのでは?これらの飲料にもカフェインが入っており、もちろん効果も同じです。緑茶はコーヒーよりは含有量も少なく、効果もそれぞれ違いはあるものの、飲み方により覚醒効果も出てきます。ですから、扱いはコーヒー同様に、ベンザリンを服用中は飲まない、もしくは午前中に飲むなどの注意が必要です。

 

タバコも吸わないほうがいい?


コーヒーよりも依存性の強いタバコはどうでしょう?タバコに含まれるニコチンにも覚醒作用があります。もちろんベンザリン服用中は吸わないことが理想ではあります。しかし、タバコには強い依存性があり、禁煙したいがなかなかタバコがやめられない、という人がたくさんいます。やめたくてもやめられないのがまさに依存症の怖いところです。

 

とはいえ、覚醒作用の点から見るだけなら、ニコチンはすぐに効果が切れます。 寝る前の1時間ほどタバコを吸わないようにすれば、ベンザリンの効果が覚醒作用によって打ち消されることは避けられます。

 

ベンザリンとの併用に関しては、タバコはそれほど気にしなくても大丈夫のようです。もちろん、タバコ自体は百害あって一利なし、やめるに越したことはないのです。